コンテナ/プレハブ

※コンテナ・プレハブ(中古・新品)

20フィートコンテナからプレハブまで、ご用途に応じてご用意、もしくは調達してお届けしております。まずは、ご希望のタイプや大きさなどを下記よりお問合せください。お待ちしております。

問合せはこちらからどうぞ⇒ 問合せ


コンテナ・サイズ

※海上コンテナ

コンテナによる輸送貨物の増加・多様化により、使用されるコンテナの種類も増加しつつあります。またコンテナによる一貫輸送システムを円滑に運営するために国際的に規格化されたコンテナが必要とされ、そのために国際標準化機構(International Standardization Organization)-I.S.O.により寸法、強度、外形などが規格化されています。

そして海上コンテナは、世界中のあらゆる国々に於ける流通を確保する為、その構造・技術的基準については、国際的な統一条約に基づいて設計・製造されています。海上コンテナには、様々なタイプ・サイズのものがありますが、ここでは代表的なものについてご紹介させていただきます。

項目 単位 20Ft DRY 40Ft DRY 40Ft HCD
内寸法 長さ(mm)
横幅(mm)
高さ(mm)
約 5,882-5,914
約 2,346-2,352
約 2,376-2,395
約12,023-12,055
約 2,346 - 2,356
約 2,280 - 2,438
約12,023-12,058
約 2,343 - 2,352
約 2,619 - 2,703
ドア開口部 横幅(mm)
高さ(mm)
約 2,336-2,377
約 2,267-2,283
約 2,278 - 2,390
約 2,260 - 2,343
約 2,336 - 2,346
約 2,577 - 2,591
内容積 m3 約 32.8 - 33.4 約 67.2 - 67.8 約 75.9 - 76.5
自重 Kg 約 1,960 - 2,350 約 2,850 - 3,900 約 2,980 - 4,150
最大積載荷重 Kg 約21,650-22,040 約26,580-27,630 約26,330-27,500

※海上コンテナの種類

◆ドライ・コンテナ(Dry Container)

海上コンテナの代表的なタイプで最も普及し、多種類の一般貨物輸送に使用されます。

◆冷凍コンテナ(Refrigerated Container <Reefer Container>)
冷凍・冷蔵貨物(果物、野菜、肉、魚貝類などの生鮮食品、フィルムなどの化成品)の輸送を対象とし、一般的に冷凍ユニットを内蔵、所定温度を保持できるようになっています。

◆オープン・トップ・コンテナ(Open Top Container)
嵩高物、重量物の輸送を対象とし、屋根部分を開放することによって、上部からの荷役を可能にしています。

◆フラット・ラック・コンテナ(Flat Rack Container)
長尺物、重量物、またはコンテナ詰めできない大型貨物を対象とし、屋根部分、両側面、扉面を持たず左右および上方から荷役が可能な構造となっています。

◆フラット・ベッド・コンテナ(Flat Bed Container)
フラット・ラック・コンテナ同様、通常コンテナ詰めのできない大型貨物を対象とし、上部構造物をいっさい持たないタイプです。

◆タンク・コンテナ(Tank Container)
醤油、食料品、液体化学薬品、酒類などの液体貨物を対象とし、鋼製フレーム内にタンクを格納した構造となっています。

上記以外にも国際物流商品の変化、物流システム効率化の要請に対応するために新しい種類のコンテナ開発は今後益々増加するものと予想されます。

なお、コンテナは必ず背番号を持っており、コンテナの所有者、タイプ、サイズが一目瞭然に分かるようになっています。この番号制度(Numbering System)はI.S.O.により国際的に規格化されている。さらにコンテナには特殊便宜を国際的に承認したことを意味する記号が付けられています。


コンテナハウス